PHILOSOPY

環境変化が厳しい中、建築費の高騰が問題になっています。
材料費、人件費共に高騰しており、収まる気配がなく、建築会社としても
悩ましい日々が続いていました。また、技術者不足により、
そもそも受注しても建築を行う人が集められない、工事を進められないという
事態まで起こり建設業界を取り巻く環境は大変深刻な状態となっております。

お客様が求める工期で、低コスト、高品質の建築を提供したい、
お客様のニーズに応えることを第一義とする弊社の想いをこの厳しい環境で
どうにか実現できないかと、試行錯誤し開発したのが『戦略倉庫』です。

戦略倉庫では、(株)横河システム建築と技術提携を行い、
倉庫に特化したシステム建築により高品質で低コスト、短納期を実現させました。

建築を構成する部材の標準化することによって、建築生産トータルをシステム化し、商品化。
コンピューターによる自動化でニーズに応じた建築物を素早く低コストでの見積もりが
可能となり、生産はコンピューターと直結した生産ラインを可能な限りロボット化しているため、
高品質の部材を格安で安定して生産できます。
また、合理的な設計法と高張力鋼の使用により、在来工法の鉄骨重量の約60%まで
フレーム鋼重を大幅に削減し、システムの最適化とCAD・CAMの採用によって
設計生産システムを従来の工期から約20%短縮に成功しました。
標準化、システム化により現場での工事手間も低減、コスト圧縮効果を得ています。

上記の特長から戦略倉庫は、
「高品質・低コスト・短工期」の3要素を満たしつつ、
さらに柔軟性のある設計ができる建築と言えお客様の
ニーズへの一つの答えとして、
自信を持って提案させていただきます。

代表取締役内池 秀敏